紙祖神 岡太神社・大瀧神社

観る

山頂にある奥の院と山のふもとに建つ里宮からなる神社で、奥の院は「延喜式神名帳」(926年)にも記載されている。里宮の本殿と拝殿は江戸時代後期の社殿建築の粋を集めて建てられたもので、幾重にも波が寄せあうような複雑な屋根やいたるところに施された彫刻の壮麗さは圧巻。1984年(昭和59年)、その歴史的記録の確かさと建築の美しさから、国の重要文化財に指定された。岡太神社には日本で唯一の紙の神様、川上御前が祀られている。

  • インフォメーション

関連記事